オルニチンとは?

しじみには様々な効果があると言われていますが、その効果は一体どんな成分による働きなのでしょうか?
その答えの一つとして挙げられるのが「オルニチン」です。
もちろんオルニチン以外にも様々な成分が含まれていますが、やはり大きな効能をもたらしてくれるのは、この成分と言えるでしょう。
まずはオルニチンとは何かという疑問にお答えしていきます。

そもそもオルニチンは基本的には身体の中に元から存在する成分です。
いわゆるアミノ酸の一種で、その中でも非必須アミノ酸に分類されます。
つまり、自分の身体の中で自然と合成することができるのです。
これに対して、自分の身体の中では合成することができず、身体の外から食べ物などを通して摂取しないといけない必須アミノ酸も存在します。
一般的には、必須アミノ酸が特に意識的に摂取する必要があるとされていますが、もちろん非必須アミノ酸も生きていくうえで必要不可欠な栄養素となります。

特にオルニチンは年齢とともに徐々に合成できる量が減っていくと言われています。
しかし、食事から摂取できる量はごくわずかなのです。
その為、年齢を重ねると本来なら問題なく機能していたものの調子が狂うことも・・・
例えば、肝臓の機能が悪くなるなどの悪影響が生じる可能性もあります。
オルニチンは肝臓内で働いてくれることで知られる成分ですからね。

逆にオルニチンをサプリメントなどで十分に摂取することができれば、肝臓の機能がしっかりと働きます。
肝臓は実に豊富な働きを持った機関として知られています。
その効果の一つ一つを高めることができるのです。
代表的な例を一つ挙げるとすれば、アルコールの分解機能の向上などが挙げられるでしょう。
シジミはオルニチンを豊富に含む食材の代表例ですが、シジミの味噌汁は二日酔いに効果があると言われています。
これはシジミの味噌汁にオルニチンがたっぷりと含まれていることが背景に挙げられます。
もちろん、この効果はサプリメントから摂取することによって、より効率よく実感することができるでしょう。

また、オルニチンの特徴として挙げられるのが、遊離アミノ酸であることでしょう。
アミノ酸は基本的にタンパク質の中にあるものなのですが、オルニチンに関してはタンパク質内ではなく、血液の中に漂います。
血液に溶け込んで身体中をめぐるのです。
肝臓内においては、アンモニア解毒を担うこともできます。
つまり、デトックス作用を持っているのです。

この他にもダイエットにも効果があると言われています。

Copyright© 2012 Shijimi and Ornithine Infomation All Rights Reserved.